ヒザが痛くて辛い方はコチラ – 膝痛解消プログラム

ロコモ予防にはコラーゲン♪


「ひざが痛くて、歩くのが辛い。」、「階段の上り下りが苦痛。」

・・・と、「ヒザの痛み」でお悩みのあなたへ。

実は、自宅でできるトレーニングで、ひざの痛みを解消できる方法があります。

膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム

 

正座ができない。

何かにつかまらないと、立ち上がれない。

階段の上り下りができない。

など、ひざの痛みは深刻です。

 

現代人は、歩くことが少なくなり、足腰が衰えている人が増えています。

ひざの痛みが悪化すると、歩くことが不自由になり、日常生活に支障が生じてきます。

 

ひざが痛くなる最も大きな原因は、

立ち上がる、歩く、走るといった日常動作を、ひざが担っているためです。

 

人間のひざは、約1歳で立てるようになってから、

毎日の歩行や立ち座りで屈伸を繰り返し、

その回数は1日1万回以上にもなると言われています。

 

さらに、1回1回の屈伸のたびに、体重の2倍以上の力がひざ関節にかかっていることになります。

 

こうした負担に、若い頃は耐える事ができていても、

40歳を過ぎるようになると、ひざにある軟骨が老化したり、足の筋力が落ちてきたりします。

また、同時に骨も弱くなってきます。

こうして酷使に耐えられなくなって、体が悲鳴を上げた状態が、

ひざの痛みとなって現れるのです。

 

生き生きした毎日を過ごすためにも、なんとしても治したい症状の一つです。

 

若い人のひざの痛みは、筋肉や骨の損傷などが主な原因です。

ですから、安静を保ち、適切な治療をすれば解消しますが、

40代以降のひざ痛は多くの場合、一度発症すると慢性化し、なかなか完治しません

 

だからといって、ひざが痛いので安静にばかりしていては、

一向によくなるどころか、むしろひざの痛みが増すことにもなります。

 

なぜなら、足の筋肉が落ち、軟骨が硬くなり、

骨が弱くなっていることが、ひざへの負担を大きくしているわけですから、

ずっと安静にしていれば、足の筋肉はますます弱まり

痛みが長く続いたり、発作的な痛みが、ぶり返したりします。

 

運動で筋肉をつけることが、ひざへの負担を軽減する方法なのです。


膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム




ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL