健康寿命を延ばす方法

ロコモ予防にはコラーゲン♪


単なる寿命は、生まれてから

命が尽きるその瞬間までの期間のことを言いますが、

この場合だと意識のない寝たきりの状態であっても

寿命の内に含まれることになります

 

。これに対して、健康寿命は、介護を必要としない状態で

自立して生活できる期間のことを言います。

平均寿命から健康寿命を引くと、男性の場合は約9年、

女性の場合は約12年という介護年数が算出されると言われています。

 

2000年にWHOによって発表された概念です。

健康意識が高まっている現代では、

寿命ではなく健康寿命を延ばすための取り組みが積極的に行われています。

死ぬ瞬間まで健康的に生きたいという人が増えているためです。

 

それでは、健康寿命を延ばすためには

どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

以下に効果的とされる方法を具体的に挙げていきます。

 

介護のきっかけとなるのは病気だけではありません。

老化による運動器の障害で移動機能が低下することによって、

ちょっとした段差などでつまずきやすくなってしまい、

その怪我が元となって寝たきりの状態になってしまうのです。

それが元となって認知症を発症することもあります。

 

こういった状態を、ロコモティブシンドロームと言います。

この状態を回避することで健康寿命を延ばすことができると考えられています。

最も良い対策法は、インナーマッスルを鍛えることです。

インナーマッスルは毎日運動を重ねることで鍛えることができます。

十分に鍛えることで、転びにくい健康な体を手に入れることができます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL