整形外科が推奨している生活習慣

ロコモ予防にはコラーゲン♪


ロコモはロコモティブシンドロームの略称で、

運動器に障害がでることを指します。

それは将来寝たきりになることを意味し、

運動器を健康に保つことが推奨されています。

 

そこで日本の整形外科の学会では、

高齢になった時に介護や寝たきりになることを意味する新しい言葉を作りました。

それが略称のロコモになり、日本の整形外科の学会では

運動器を健康に保つ対策に取り組み始めています。

 

運動器には骨や筋肉や関節の動きがあり、

これらに障害が起こることで歩くことが困難になります。

またこのような障害がでる原因として、生活習慣やストレスや炎症などがあります。

これは日本の高齢化社会を背景として面もあり、長寿社会の問題でもあります。

そして現在では国民病になっていて、対策が必要な症状になります。

 

そこで高齢になった時に介護や寝たきりにならずに、

運動器を健康に保つ対策として推奨されている生活習慣があります。

 

例えば、運動の継続は加齢とともに減っていく筋肉量を増やすことができます。

また筋肉を強化することで、足を丈夫にして転倒しにくくなります。

特に散歩などのウォーキングは足の筋肉を鍛えるのに効果的です。

 

さらにストレスを溜めない生活習慣として、趣味を持つことも大切になります。

このようにして対策を取ることで予防をすることができますが、

ロコモの症状が出た場合は、整形外科で治療をする方法があります。

現在では手術方法にも様々な種類があり、人工の関節を入れることで歩けるようになります。

現在ではロコモは対策が必要な国民病になりますが、

運動などの生活習慣により予防することができます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL