腰痛を治す方法

ロコモ予防にはコラーゲン♪


まず初めに、以下のうち、

腰痛について間違っているものが何かわかりますか?

 

①腰痛になったら、まずは安静にする

②原因は画像検査で必ず分かる

③手術をすれば必ず治る

 

答えは、実は全て間違いで、腰痛は、自分で治すことができるのです。

 

運動器トラブルでも一番多いのが腰痛です。

日本人の8割が一生に一度は腰痛に悩まされるといいます。

 

腰痛の原因の15%程は特定できるものですが、

特定できる病気の主なものは椎間板ヘルニア圧迫骨折などで、

残りの85%は画像検査や血液検査でも特定できないことが多いのです。

 

しかし、逆にいえば、残りの85%の多くは、大きな病気が原因ではありませんから、

適切な治療によって、治すことが可能だということです。

 

 

運動で治す

腰痛になると、痛いので安静にするという人は多いですが、

これは間違いで、痛くても動ける範囲で動いた方いいです。

 

動かないで安静にしていることで、神経が過敏になり、

痛みを感じやすくなってしまうからです。

 

具体的には、自転車をこいだり背骨の関節を広げるようなマッサージ

腰の周りや股関節のストレッチ1回15分の運動で1日3回行なうと、半年ほどで効果も期待できます。

 

特に慢性腰痛の人は積極的に運動するようにしてください。

 

また、ウォーキングといった全身運動は腰痛に非常に効果的です。

無理に長時間頑張ろうとせず、1日20分程度でいいですので、毎日続けることが大切になります。

 

 

生活で治す

腰痛の人は重い物を持つことに不安を感じますが、

腕だけで持ち上げようとしないで、腰を下げて、ひざを使って持ち上げることによって、

腰に負担をかけることなく、ある程度重い物でも持つことができます。

買い物などで少しずつ重い物を持つようにしましょう。

 

また、あまり知られていませんが、実は人は立っているときよりも、

座っているときの方が腰にかかる負担は大きくなります。

 

背骨は本来、身体の横から見て緩やかなS字カーブを描いています。

ところが、椅子に座ることによって、背骨のS字カーブが崩れるため、

腰に大きな負担がかかるのです。

 

そのため、腰痛持ちの人というのは、引越し業者など重い荷物をよく持つ人たちよりも、

デスクワーク中心の仕事をしていて長時間座っている人に多いのです。

 

さらには、椅子に座るときに脚を組んだり、椅子に座って背中を丸めたり、

逆にふんぞり返ったりといった身体の重心がどちらかに傾くような姿勢をとっていると、

背骨のS字カーブを保持することができません。

 

ですから、腰痛を予防・改善するためには、日常的なクセに気づくことが第一といえます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL