サルコペニアとは

ロコモ予防にはコラーゲン♪


サルコペニアとは、

進行性及び全身性の骨格筋量及び

骨格筋力の低下を特徴とする症候群のことを言います。

 

サルコペニアの診断の際には筋肉量をまず見ます。

筋肉量の低下が必須項目であり、

筋力または身体能力の低下のいずれかが当てはまれば

「サルコペニア症候群」と診断されます。

この症候群にかかると、歩行障害や転倒といった様々な障害を引き起こします。

これによって、快適なシニアライフを送ることが困難になってしまいます。

 

サルコペニアとは、最初は「加齢による筋肉量減少」を意味する言葉として提唱されました。

それが、次第に筋力低下と機能低下も含まれるようになっていきました。

しかし、サルコペニアの定義は現在でも確定的なものはありません。

各学会の定義をまとめると、狭義では「筋力低下のみ」のことを指し、

広義では「筋力低下に加えて身体機能の低下が含まれたもの」を指していると言うことができます。

 

この症候群は、欧米で初めに提唱されたものです。

そのため、日本にはいくつかの課題が残っています。

現在、サルコペニアの診断の際のアルゴリズムには、

歩行速度、握力、筋肉量が用いられることになっています。

しかし、サルコペニア診断で用いる数値はほとんどが欧米のデータによって算出されたものです。

そのため、ほとんどが日本人には適さないという状態になっています。

現在、日本人に合った数値の研究が進められていて、将来は適した基準ができると考えられます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL