ロコモの症状

ロコモ予防にはコラーゲン♪


介護の介護度を考えるときに重要となるのが、

日常生活動作(ADL)が一人でできるかが重要となります。

 

1人で歩けないと日常生活のなかのトイレや入浴の動作が困難になってしまいます。

要介護にならないためには、しっかり歩けることが大切なのです。

 

では、どのような運動器が働かないと歩けなくなるのでしょうか。

 

運動器は体を支える骨、これらのつなぎ目である関節や椎間板、

骨組みを動かす筋肉や神経から構成されていて、これらが一つのネットワークとして働いています。

 

どれが働かなくてもうまく歩くことができませんし、

それぞれの不調はお互いに影響することも考えられます。

 

ロコモティブシンドロームの症状としては、ます関節軟骨の変性が起こると、

関節の痛みが起こったり、関節の動きが悪くなったりします。

 

そして関節が変形してくるといったことも起こります。

これが変形性関節症です。

 

こうなると、どうしてもその関節を十分使わないことになり、

その関節の周りの筋肉の力が低下してくることになります。

 

筋力が低下すると、筋肉による関節を安定化させる作用、

衝撃を和らげる作用が減ることになり、関節軟骨の変性が進むといった悪循環に陥ります。

 

椎間板の変性は、腰の痛みや、背骨の動きの制限や、背骨の変形の原因となります。

これが変形性脊椎症です。

 

ロコモティブシンドロームでは、このようにして椎間板や軟骨の変性、筋力や神経活動の低下、

骨の骨粗しょう症に関係する兆候や症状が、単独あるいは複合してみられるのです。

 

したがって、ロコモティブシンドロームの主な症状は、

①痛み

②変形

③関節の動きの制限

④筋力低下

⑤バランス能力の低下

などが上げられます。

 

それががいずれも歩行の困難に結びついてくるのです。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL