ロコモの診断基準

ロコモ予防にはコラーゲン♪


ロコモティブシンドロームの診断基準には

「ロコモーションチェック」というチェックリストがあり、

これに答えることで自己チェックができるようになっています。

 

軽度のロコモティブシンドロームは、

自分で歩ける状態で、日常生活には影響がありませんが、

あってもごく軽微な程度をいいます。

 

中等度は、歩くときに杖や歩行器など何らかの介助が必要となっている状態です。

 

重度は、歩くときに人の手を借りる必要があったり、歩けなくなったりしている状態です。

 

ロコモティブシンドロームをチェックする項目には、ただ立ったり歩いたりするだけでなく、

日常生活で起こる、少し負担のかかる歩き方や動作が入っています。

 

スーパーなどで買い物をして荷物を持って帰るのが辛いだとか、

布団の上げ下ろしがきついといった項目です。

 

これらの項目にチェックすることで、日常生活のなかで軽度のロコモティブシンドロームにも

気付くことができるようになっています。

 

 

ロコモの原因

なぜロコモティブシンドロームになってしまうのでしょうか。

加齢、運動不足、不摂生な生活などから、

骨量、筋量、関節軟骨、椎間板、神経活動、というものが減少していきます。

 

骨量が減ると、骨粗しょう症になり、関節軟骨や椎間板が減少すると、膝関節痛や腰痛が発症します。

また筋肉量、血管量、神経活動が減ると、加齢性筋肉減少症や神経障害を引き起こします。

 

これらの障害により、歩行機能の低下や運動器不安定症などなります。

結果的に歩けない、立ち上がれないということになり、要支援・要介護が必要になります。

つまり、全てがロコモティブシンドロームへと繋がっているのです。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL