ロコモの重傷度

ロコモ予防にはコラーゲン♪


ロコモティブシンドロームチェックで1つの項目でも当てはまる人は、

日常生活での身体への要求に、

運動器が十分に応えられていない状態と考えられます。

 

高齢になると、命に直接かかわる疾患だけに注意していれば良いというものでもありません。

足腰が弱まることによる「寝たきり」状態や事故も

高齢化社会の日本では気をつけなければならないことです。

 

ただ、ロコモティブシンドロームチェックの該当項目数が

たとえば2つよりも3つあるほうが、ロコモティブシンドロームがより重症という意味ではありません。

 

ロコモティブシンドロームには、予備軍の方から、

軽症、中等症、重症の方まで、いろいろなレベルがあります。

 

ロコモティブシンドロームは日常生活のなかでどれぐらい歩けるのか、ということが重要になります。

 

したがって、その重傷度は、「歩行がどのくらいできるか」という、

機能障害の程度で判断することになります。

 

自分で歩くことが可能で日常生活への影響がない、

あるいはあっても軽度であるというレベルは軽症ということになります。

 

一方、歩行に手助けが必要になれば重症ということです。

その中間が中等症で、歩行に杖などの補助具が必要である人です。

 

ちなみに、要支援者で一番多い病気は、関節疾患で2番目は転倒などによる骨折です。

 

要介護者になると、一番目は脳卒中で、

2番目に多いのは、意外かもしれませんが、認知症です。

 

一度、ロコモティブシンドロームになってしまうと、長い介護が必要になり、

自立した健康的な生活を送ることができなくなってしまいます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL