ロコモティブシンドロームの原因と予防

ロコモ予防にはコラーゲン♪


ロコモティブシンドロームは、

下半身の運動機能が衰えることによって、

自立した生活を送れないことをあらわします。

 

その主な原因は、加齢による筋肉の衰えやひざ軟骨のすり減りが挙げられます。

まず筋肉の衰えは、加齢と共に筋肉量が減ることが原因になります。

筋肉量が減っていくと脚の老化につながり、歩く速度が遅くなっていきます。

さらに下半身は体を支えるために重要な役割を果たしますが、

筋肉量が減ることでふらついたりすることが増えます。

また座ったり、階段を昇ったりするような動作がしづらくなります。

 

このようにロコモティブシンドロームの原因として、

加齢による筋肉量の減少が挙げられます。

 

次にロコモティブシンドロームの原因として、

ひざ軟骨のすり減りによって痛みを感じることで歩くことが困難になることがあります。

ひざ軟骨のすり減りは、加齢によって起こることが主ですが、

年齢が若くてもすり減っていくことがあります。

それは膝に負担をかける仕事などを続けていくことが挙げられます。

そして膝には体重の何倍もの負荷がかかるため、軟骨がすり減りやすくなります。

 

最後に歩く速度が遅くなったり、膝に痛みを感じるようになった場合、

ロコモティブシンドロームになっていることを自覚する必要があります。

下半身の運動の機能が衰えないためにも日頃から歩いたり、

運動をすることで脚の筋肉量を増やすことが必要です。

 

これは加齢と共に減少する筋肉量を維持することができ、

将来の健康維持のために役に立つことになります。

また脚の機能はポンプの役割をしているので、

心臓に血液を送り出すためにも重要になります。

つまり下半身の筋肉は、全身の健康維持と関係していることが分かります。

 

そして筋肉量は30歳代を境目として、1年で1%ずつ減少していきます。

そのため若いうちから筋肉量を減らさないことが必要になります。

 

脚の筋肉量を減らさないためには運動も必要ですが、

食事内容にも気をつける必要があります。

筋肉はタンパク質でできているため、

肉や魚などの良質なたんぱく質を摂ることも筋肉量を維持するためには必要です。

ロコモティブシンドロームの原因として、

加齢による筋肉量の減少とひざ軟骨のすり減りが挙げられます。

これらは筋肉量の維持と食事内容を改善することで予防することができます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL