両親がロコモ症候群になった時には

ロコモ予防にはコラーゲン♪


ロコモ症候群になると、

骨や筋肉などの劣化によって運動機能に障害が起こり、

日常生活が円滑に行えなくなります。

 

ロコモ症候群は国民病とも言われており、

加齢によって多くの人が発症します。

自分の両親が年老いた時には、ロコモ症候群になることもあり、

介護などで不安に駆られる人も数多くいます。

両親がロコモ症候群かもしれないと思った時には、

早めに医師の診察を受けることが必要になります。

 

ロコモ症候群を防ぐためには、食事と運動に気を配ることがとても大事です。

両親と同居している家庭では、両親が年老いてきたら、

骨や筋肉に良い栄養素を含む食事を作って出すことが大切になります。

骨や筋肉を作る栄養素は、タンパク質やカルシウムですので、

小魚などの魚介類が発症を防ぐのに貢献します。

 

運動は高齢者があまりハードな運動を行うことは望ましくないので、

散歩の機会を増やすなどの工夫が大切になります。

脳や筋肉は使い続けることによって老化を防ぐことができますので、

日常生活の中で、意識して身体を動かすことが大切です。

 

もし両親が発症をして介護が必要になった場合には、役所に行って相談をすることが必要です。

要介護認定を受けると介護保険を利用することができ、

治療費の負担を軽減できたり、デイサービスなどの介護サービスを受けることができます。

どのような介護サービスを受けるのが良いかは、

ケアマネージャーに相談すると、適切なアドバイスをしてもらえます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL