運動器不安定症の症状と診断

ロコモ予防にはコラーゲン♪


運動器不安定症とは、

体のバランスが取れなかったり、転びやすかったりするなど、

歩いて移動するのが困難になる症状のことです。

 

運動器不安定症は症状を指す言葉なので、

原因には様々なものがあります。

例えば、背骨の骨折や変形が原因でこの症状を呈することがあります。

脚の骨折や切断、骨粗鬆症も原因になります。

関節リウマチや関節炎も運動器不安定症につながることがあります。

 

運動器不安定症かどうかを診断するには、主に二つのテストが用いられています。

一つが開眼片脚起立時間と呼ばれるテストです。

これは文字通りに、両目を開けた状態で片脚立ちをして時間を計測するテストです。

この状態を15秒以上キープできなければ、不安定症が疑われます。

 

もう一つのテストが、3m timed up and go test、

あるいは略してTUGと呼ばれるテストです。

椅子に座った状態から立ち上がり、3メートル先の地点まで歩いて、

そこから椅子のところまで戻り再び着席する、というテストです。

これに11秒以上かかる場合も不安定症の基準にひっかかります。

 

この症状を診断して早めの対策を施すことには非常に大きな意味があります。

運動器不安定症と診断された時点では、患者はまだ寝たきりの状態にはなっていません。

日常生活は自立して行っていたり、少なくとも介助すれば外出もできる状態です。

この段階でしかるべき対策を講じておけば、転倒による骨折や事故を防ぐことができ、

高い生活の質を保って生きていくことも可能になるのです。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL