関節と筋肉

ロコモ予防にはコラーゲン♪


身体運動を可能にする器官を運動器といいます。

運動器には、骨や間接以外にも、筋肉、腱、靭帯などが含まれます。

 

体を自由に動かすことができるのは、

骨と骨とが関節という部分で互いに連結しているからです。

 

関節には各部位の動きによって色々な種類があり、

それぞれ仕組みがあります。

 

 

関節の種類

① 平面関節

首の骨は7個の頚椎が石臼のようにつながっていて、水平に右にも左にも回すことができます。

 

②ちょうつがい関節

ひじ、膝、指の関節は、まるでちょうつがいのように、ひとつの方向に動きます。

 

③球関節

太ももの骨(大腿骨)の端は球状になっていて、骨盤のくぼみにはまって股関節をつくり、

まるでペン立てのように、どの方向にも動きます。

肩の関節も同様です。

 

関節は、関節包という袋に包まれ、関節包の内側には滑膜があって、

滑液という液体を分泌して関節内を満たし、骨と骨が動くときに磨り減ることなく、

なめらかに動くことに役立っています。

 

関節軟骨の厚さは年齢にしたがって薄くなり、ショックを和らげる力も弱まります。

 

 

筋肉の仕組みと働き

人が身体を動かす上で最も中心となる運動器は筋肉です。

 

身体は、骨、関節、そして筋肉の収縮の力があって、初めて動くことができます。

身体を動かす筋肉は骨格にそって分布するので骨格筋 といい、

また横じまがあるので横紋筋ともいいます。

 

体重の約半分の重さを占めるといわれています。

 

筋肉は、タンパク質の細い繊維の束でできていて、

神経の命令を受けて伸びたり縮んだりしているのです。

筋肉は、関節をまたいで2つの骨に腱で固定されています。

 

筋肉の端はひものような筋になって骨に付着していて、

子の部分は腱といって、たいへん丈夫にできています。

 

筋肉を訓練すると、筋繊維の数が多くなるということはありませんが、

1本1本が太くなるので、全体の筋肉が太くなり、力も強くなります。

反対に筋肉を使わないでいると細くなり、力も衰えてしまいます。



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL