骨に関するQ&A

ロコモ予防にはコラーゲン♪


骨粗鬆症は男性よりも女性のほうがなりやすい?

答えはYESです。

骨は常に増えたり減ったりしています。

それは、骨を作る細胞である骨芽細胞と

骨を壊す細胞である破骨細胞がバランスをとっているため、

骨は常に新しい状態でいられるのです。

 

破骨細胞は普段、女性ホルモンによって増加を抑えられています。

しかし、加齢などにより女性ホルモンが減少すると、

破骨細胞が増加し、骨を作る 骨芽細胞の働きを上回り、

骨粗鬆症となってしまうのです。

 

歳を取ると背中が曲がってくるのは骨折が原因?

答えはYESです。

背中の椎骨の形が変形し、無理な圧がかかることにより、

骨折してしまうのです。

これを防ぐには、毎日10分~15分、

ストレッチを続けることで予防することができます。

 

メタボリックシンドロームも、ロコモティブシンドロームも、

ある意味でいえば生活習慣病です。

日々の生活の仕方が大切だということです。

 

ちなみに、猫背は別です。

猫背は前かがみがくせになることによって筋肉が硬くなっているだけで、

骨折しているわけではありません。

つまり、猫背は治すことが可能なのです。

 

 

カルシウムをたくさん摂れば軟骨も丈夫になる?

軟骨は「骨」とかきますが、骨ではありません。

軟骨は結合組織、いわゆるコラーゲンの一種です。

同じように、靭帯や腱もコラーゲン(2型コラーゲン)です。

 

ただ、カルシウムを摂る事で、骨は丈夫になります。

といってもカルシウムだけを摂るだけではダメで、

ビタミンD、ビタミンEを同時に摂り、

さらに運動で骨に負荷をかけることが大事です。

これをメカニカルストレスといい、

ウォーキングなどよりも、ジャンプをするなど瞬間的な負荷のほうがより効果的です。

 

老人の骨折の多くは決まった部位で起きる?

答えは○です。

骨折の大部分は以下の4つになります。

①手首の骨

②肩の骨

③股関節の骨

④ 背骨



ロコモ予防におすすめなコラーゲン!

骨・関節が気になる方は、
まずは22日間お手軽にお試しください。

次世代のコラーゲンというべき、
コラーゲン由来機能性ペプチド
コラペプ(R)
使用。
他には何も加えていない、
無添加100%の純粋コラーゲンです。
当然、無味・無臭・糖分・脂肪分ゼロ。

いつもの食事や飲み物にサッと一振り入れるだけで、
健康食に早変わりで、ロコモティブシンドローム予防に最適!

今ならWEB限定!なんと53%オフセール実施中!

コラゲネイドはじめてセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL